12月10日(土)~ 11日(日)、日本科学未来館(東京都)で行われた「第20回 高校生・高専生科学技術チャレンジ」に参加してきました。

そのときの思いをせっかくなので文章に残しておこうと思い、ここで書くことにします。

1. 前日

当日の朝早くから向かうのは、少しタイトなスケジュールになりそうだったので、私たちは前のりすることにしました。

隣の席の女性が、飲食店の社長でいらっしゃったようで、経営に関するさまざまなお話を聞いたり、激励を頂いたりしました。とても面白かったです。ここには書けませんが。

東京はおよそ8か月ぶり(8か月のスパンで別の研究発表をしているのもどうかしていますが)でしたが、都会は常に変わらずそこにありました。

浜松町駅→(大江戸線)→勝どき駅 でいったんホテル にチェックインし、そこから上野駅まで電車に揺られ、ヨドバシカメラ(マルチメディア上野店)へ寄り道しました。

私たちはとくに何も買わず、そのまま夕食を食べました。

焼きあご塩らー麺 たかはし の焼きあご塩らー麺、お茶漬けセット(1000円)です。おいしかったです。

2. 当日

次の日、ホテルをチェックアウトして、いよいよ日本科学技術未来館へ行くことにしました。

しかし、ホテルから市場前駅へ到着したときに、私は発表に必要な物資を忘れていたことに気づきました。あーあ

ダッシュで取りに帰ります。本当に顧問とチームメンバーには申し訳ない限りです。いいかげんちゃんとしろ。

そんなに走れてなくね?

そんなこんなで、市場前駅→(ゆりかもめ)→テレコムセンター駅 を経由し、徒歩4分ほどで日本科学未来館に到着しました。

自動運転だそうです。すご。地元じゃ考えられないね

会場

科学技術未来館の一室で、各チームがこのような机で Zoom につなげます。

写真撮ったときは気づきませんですが、こっそり奥の方がピースしてますね…………(画像にはぼかしを入れています)

たくさんのノベルティをもらいました。現地で写真を撮っておけばよかった。

以下はその一部です。

お気に入りはこれと、(かわいい。なくなってない方のサクマ製菓のドロップスです。外の缶が協賛の JFE スチール様のスチールになっているらしいです)

これです(学校で盗まれたらバレます)

審査

審査は概ねこんな感じで進みます。

例の感染症対策の影響で Zoom を利用した、参加者が各ブレイクアウトセッションルームに入室して行いました。

1日目は、リモートで大学の教授の先生方を迎えうち、2日目は、協賛企業の方も交えて、資料を見せつつプレゼンテーションしました。

デモをどうしてもしたかったのですが、リモートで実際に見せるのはそのままだと難しかったので、OBS Studio でシーンを作りまくり、3つの ウェブカメラを操ってました。

VTuber も真っ青です。

次は 9つのウェブカメラを操りたいと思います。

表彰式

2日目の表彰式の前に、OriHime と黒い白衣でおなじみ 吉藤オリィ さんが講演をしてくださいました。

このような場でなければ、お見かけすることもなかったと思うので、とても驚きました。

普段過ごす中ではあまり接することのない経歴、というより人生を過ごして来られた吉藤さんのお話はとっても興味深かったです。

表彰式はこのような会場で行われます。

受賞した人は、1人ずつステージに登壇して、受賞しての気持ちを話します。

懇親会

そして、最後にファイナリスト同士や、主催・協賛企業のみなさまと一緒に、懇親会がありました。

例年であれば立食形式のパーティーだそうですが、例の対策でお話を交わすだけになっていました。

オリィさんもいらっしゃいました。でもやっぱり人気。話しかけることはできませんでした。

長髪が似合う男性ってかっこいいですよね。

おまけ

1日目の最後に、「近ければガンダムが見たいんですけど」と相談したらマジで連れて行ってくれました。先生もチームメンバーも興味ないのにごめん。

でもあんまりきれいに撮れなかったね。

一眼レフカメラがほしくなりました。写真撮る才能ないんだからやめとけ。

ガンダムベースはこんな感じ。

私はプラモデルをたしなみませんが、父親と弟が好きなので、限定品のザクⅡと、なんとなくデミトレーナーを購入しました。

ギャラリー

Tags:

Categories:

Updated: